NPO法人
日本幼児教育振興會

監修者プロフィール

土屋先生.psd
幼児の言葉の教育スペシャリスト

土屋 秀宇(つちや ひでお)

昭和17年、千葉県生まれ。昭和40年 千葉大学教育学部英語科卒業。
平成6年、「自ら学ぶ力を育てる漢字指導」で、第43回讀賣教育賞受賞。
13年間にわたり小・中学校の校長を歴任。自閉症児や知的障害児への漢字指導にも力を入れ成果をあげる。千葉県教育功労賞受賞。
平成15年3月定年退職。「楽しい親子漢字教室」の出前授業や教職員研修、講演等を通じて、漢字指導の改善と国語教育の正常化に努めている。
平成16年~20年、NPO法人「日本漢字教育振興協會」理事長。
平成19年9月、幼児・児童への漢字教育普及に貢献したとして、「白川 静(しずか) 記念 東洋文字文化賞」(漢字研究で文化勲章を受章された白川静博士の業績を継承するために設けられた)を受賞。
平成17~18年、世田谷区日本語教育特区「美しい日本語を世田谷の学校から」の小学校作業部会長として、教科書『日本語』の作成に携る。
日本テレビ人気番組「世界一受けたい授業」などに出演。
現在 NPO法人 日本幼児教育振興會副理事長  國語問題協議會評議員  漢字文化振興協会理事  教師塾「まほろばの会」講師 「漢字楽習の会・子供達に美しい日本語を伝へる会」主宰

近著:
・『子供と声を出して読みたい 美しい日本の詩歌』(致知出版社)
・『日本語「ぢ」と「じ」の謎』(光文社文庫)
 など

執筆:福島民友新聞社 教育欄「情(こころ)を育む」連載
   神社新報 随筆「こもれび」連載
   ぎょうせい出版『言葉の知恵・知識事典など