NPO法人
日本幼児教育振興會

土屋先生公演2.psd当會専任講師 土屋秀宇 副理事長

人の脳は9歳半が節目!
とくに幼年期は無努力・無負担で「言葉」を覚え、
脳の土台を形成できます。


♫ やってみて初めて分かるサントレのすごさ。

入園から卒園までの3 年間に
サントレ園児は、漢字を含むたくさんの「言葉」を習得することができます 。
言葉を覚えることで 、脳の基本回路が理想的に出来上がります。
サントレ園の園児が、驚くほど変貌を遂げることに、
先生もご父兄も、一様にびっくりされます。
最初に、言葉の教育、とくに漢字のお勉強に抵抗をお持ちだった方ほど、
そのショックと感動は大きいようです。
ハンディを持ったお子様の保護者が、泣いて喜ばれることもしばしばです。

♫ 脳の全身運動を引き起こすサントレ。

しかし、そのサントレの特効を傍で見て、
「英才教育」とか「お受験」対策と受け取られる方も少なくありません。
確かに、「見て、聞いて、体全体で、声に出して読む」
このサントレ方式によって、脳全体は一気に活性化し出します。
TVゲームや普通のお稽古では、脳のこの全身運動は起こりません。
とくに、人間だけが天から与えられた
脳の司令塔「前頭葉」がきわめて活発に活動し始めるのです。
その重要な役割を担っているのが、
目で見られる形をともなった言葉「漢字」、
(反対に耳で聞く音を言葉にした「かな」は、すぐ記憶から消えてしまいます)
そして声に出して読む「音読」なんです。

♫ ひらがなより、漢字はやさしい!という意外な事実。

みなさんは、「漢字は、ひらがなやカタカナより難しい!」
そう思っていらっしゃいませんか?
それが、実は全く逆でして、子ども、とくに幼児にあっては、
漢字の方が、分かりやすく、受け入れやすい「楽しい言葉」なんです。
漢字、とくに難しいと見える字画の多い字、
たとえば、「蜘蛛」とか、「薔薇」とかいった漢字を
遊びの感覚で、まっさきに覚えてしまいます。
これは、脳が喜んでいる動かぬ証拠です。
でも、なぜでしょう?
実はそこには、
漢字の、ひらがなやカタカナと違った
特異な性質が潜んでいるんです。

♫ 幼児は誰でも、キャラクター豊かな「漢字」が大好き!

たとえば、「くるまでごふん」
これを見て、皆さんはどう読みますか?
ある方は、「車で五分」でもある方は、「来るまで五分」
そう、かな書きでは、意味が特定できないんです。
ところが、車、来る、と漢字で書けば、一瞬にして意味が取れます。
そのスピードは、かな書きの15倍。
アルファベットに比べると30倍ものスピードで
人は情報を受け取れる、と言われています。
だから、高速道路の標識は漢字で書かれているんですね。
まさに、漢字の持つ「形」の威力です。
この形の面白さ、個性的な印象、理解しやすさを、幼児は喜ぶわけです。

♫ 漢字がたくさん楽しめる古典が、なぜ読まれない?

この漢字をふんだんに使って書かれた古典の名作が、
日本古来からたくさん私達に手渡されてきました。
しかし、「むずかしそうな漢字より、だれでも読める英語」ということで、
外来語ばかりでなく、普通の言葉もかな書きされる風潮が、
敗戦後の教育で一気に広がっていきました。
こうして、今や、おじいちゃんやおばあちゃんが口ずさんだ
昔なつかしい童謡やわらべ歌、
まして、諺や、俳句、和歌などの美しい日本語は、
伝承されにくくなってしまったのです。

♫ 毎朝のサントレは、心と脳のバランス栄養食。

でも、サントレでこれからの子ども達も、諺や俳句、和歌、
そして日本人が発明した独特の音読法による漢詩漢文まで、
脳が一番喜ぶ時期に楽しむことができます。
日本語に独特の、五、七、五のリズムが
これまた、子ども達の脳は大好きなんですね。
その音調に載せて、古来、日本人が尊しとした
四季折々の美しい心象、人生において大切な心や精神が
心の栄養として、幼児の心に染みとおる訳です。

♫ 早すぎる、という心配は無用。さあ、いますぐサントレを!

サントレでは、漢字を覚える、ということを目的にしていません。
覚えてくれたらいいなあ、と思いつつ、
子どもの自由に任せています。
ですから、いわゆる早期教育とは一線を画しています。
ましてや英才教育でも、お受験対策でもありません。
大人になってからも、
人が生涯にわたって切磋琢磨すべき
「学び」の基礎工事なのです。
チャンスは、なんでも無努力無負担で吸収できる「9才半」まで。
それを過ぎると、私達大人のように、いちいち理屈をつけては
なかなか素直に学ぼうとしない、
頑なな脳に変わってしまいます。
お母さんの愛情をたっぷり受けて2才半を過ぎたら、
もうサントレの準備は、すっかり整っています。
           ♯
さあ、お子様のために、そしてご家族のために、
お子様と一緒に、どうぞサントレ実施園の門を叩いて下さい!